橘髙精華堂

手彫り印鑑のことなら神戸マイスターのお店 橘高精華堂 各種印鑑、印章手彫り、実印、銀行印、認印、風雅印、篆刻、落款印、引首印、蔵書印、遊印など

きっちゃんブログ

 

HOME»  印のお話し

印のお話し

印象の歴史

印章の歴史は大変古く、今から約5,000年前メソポタミアですでに用いられていました。中国では、周代の頃といわれています。メソポタミアでは、印の呪術力によって開封を禁忌する封印、として個人の信や所有を表しました。

 

古代西方の円筒印の写真

 

戦国~漢代の封泥の写真

 

現代の様に紙に朱泥(朱肉)で印を捺すという形はずっと後の時代です。中国では、周(春秋、戦国)時代から印が使われています。戦国時代は社会体制に大きな変動があり、流通経済が盛んになるとともに商工業が発達し、それに伴い権利と義務を表す、所有標章としての印章が重要な役割を果たすことになりました。

 

泰代になると始皇帝により全国統一となり、権力の行使と、権威の象徴として制度が改革されました。文字(小篆)や貨幣、度量衡(はかり)の統一のほか身分を表す象徴として印の制度も制定されました。

 

度量金衝の写真

 

漢代には、官職制度が整い、印の制度も一層整備されたものになり、それに伴い印の政策も精緻を極め、また、封泥の全盛期でもありました。その後、後漢に発明された紙が次第に普及し、南北朝時代から紙に朱で印を捺す方法に変化して行きます。

 

戦国漢鉨の写真

 

日本には、隋、唐時代に遣隋(唐)使により伝わったものが源流となります。唐代には、収蔵印、堂号印など書画とともに発展し、宋、元代になり民間の私印、花押印が発生しました。

 

元代、花乳石(刻しやすい石材)に王元章が自ら印を刻し、明代には青田石、寿山石と新しい印材の発見が相次ぎ、文三橋をはじめ文人の多くが自ら秦刀し、篆刻芸術として花開いたのです。

明清代になると印人が中心となり、詩、書、画、篆刻が文人必修の教養として重視されるほどになりました。日本で印が制度化されたのは701年大宝律令が整うに従って公文書に公印が用いられるようになりました。

 

泰官印の写真

 

漢官印の写真

 

印相って本当に効力があるの?

魏志夏候尚伝注引魏氏春秋に印相について書かれている。それによると相印書、相印経は漢代からありその鑑定法は、少なからずの流派が有ったようです。

相印書も百十二家の相法があったくらいですから、この類の書も多く書かれたのでしょうがほとんど現代、伝存していません。なお、よく印相鑑定に引用されている江戸時代の版本『印判秘訣書』は、印相の書でなく、花押の作り方を説いたものである。

また陸游の老学菴筆記に米元章は形、法ばかりに目が行き本質を失い、文字の正しからざるものは、凶相であるとし、放翁はこのようなことに拘泥することは、愚であるとしている。印相とは、印のすがたであり、それは今して現れる印影について見るべきもので、材質形状には拘わらない。印相は雅俗良否はあっても、吉凶休咎はない。文字雅正にして品格格調の有するものは印相が良く、文字背戻し粗野卑俗なる物はよくないと、書かれている。

それでは、『まったく効力が無いのか?』いいえ、実際に効力は存在します。それは、印相体なる近年につくられた俗な文字でなく真の印章は、字法、書法、章法、刻法に通じ、刻者が心を込めて刻した美しい印章にこそ気韻が宿り、吉祥に通ずるのです。

その様に心刻された印章は、押捺する誇りと喜び、満足感を感じる。『信』を顕わす印を大切に扱い、そして、印に負けないよう使用者本人が精進する事が禍を避け吉祥を呼びこむことになります。そうした日々の積み重ねが吉祥の『喜』を累積することになり

この印章が『招福招財』の宝器となるのです。

 

中国文字芸術の骨格

中国文字芸術の骨格

 

※ 篆書(小篆)は、秦公(青銅器)や石鼓(最古の刻石 大篆)を骨格に持ち、始皇帝の命により李斯により集合整理された文字である。当時の資料としては、山、泰山、瑯邪台刻石等がある。また、碑や度量、璽印、等にも残されている。

 

文字のはなし

文字の始まり

 

金文

 

金文2