橘髙精華堂

手彫り印鑑のことなら神戸マイスターのお店 橘高精華堂 各種印鑑、印章手彫り、実印、銀行印、認印、風雅印、篆刻、落款印、引首印、蔵書印、遊印など

きっちゃんブログ

 

HOME»  印鑑の選び方

印鑑の選び方

おススメの一品

印章は、あなたの顔です。
大切な印章は、手彫りの印をお奨めします。 銀行印に最適
名匠による手彫り印章 黒水牛12ミリ

 

銀行印に最適 手彫り印鑑 黒水牛12ミリ

 

印鑑が必要になっても、どんなはんこを選べば
良いのか、どんな店が良いのか判らないと思います。
それはあなただけでは、ありません。


正しい情報 自体が、ほとんど無いし、ある情報は、 売り手 にとっての 都合の良い情報がほとんどなのが、現状です。
印鑑は、 手彫りの物が基本です。なぜなら機械彫りだと同形のものが出来るので認証できないからです。

 

印鑑の選び方

 

さて、みなさんは、はんこ屋さんで買えば、手彫りの印鑑が買えると思ってるのではありませんか?

ネット上でもそうですが、色々なはんこ屋がありますし、手彫りをうりにしているお店やネットショップはありますが、本当に手彫りなのでしょうか?



現実は、90%以上のお店は、本当の手彫り印鑑ではありません。


では,店による、彫り方の違いや種類、を説明します。

 

まず、 安価なお店に多いのは、文字を知らない、書けない。印刀が使えないので機械(ロボット彫刻)のみで、お客にお渡ししてる店。(ネット上では多くがそうです)

次に、 字入れはせずフォントを使用し、機械で彫刻してるが、少しは刀を入れている店。(手仕上げといってる店)近年は増えています。

上記《A,B》の店の印鑑は、ほとんど既製品と変わりなく、同型印が出来る可能性高く、偽造も簡単に出来、危険な印鑑です。大事なものには、絶対に使用しない方が良いでしょう。

次に、 字入れは、手書きではないが、フォント(文字)を修正して機械で彫刻し、、仕上げを刀でしている店。(これが最低限の印章店の責任であり、仕事です。)

次に、 荒彫りは、機械で彫刻してるが、文字もフォントではなく、自分で書い(字入れ)て、仕上げを刀でしている店。(昔は、これが普通のお店でした。ある意味、この段階(レベル)使用可能な印鑑ですね。)

上記の店で、 機械での荒彫りの後、再び印刀で、荒彫りをし、仕上げした後も浄刻を施すと機械を途中で使用しているが、手彫り印鑑といっても問題な仕事内容です。

最後に、《F》 完全な手彫り印鑑の店ですね。(手彫り印鑑の製作工程を参照ください)

A、B、Cの店は、印章の大切さや唯一無二の印鑑でないといけないことを認識していないのか、商売優先になってる店です。しかし、技術も知識もないので商品として商売してますので、広告には力を入れていますし、優れていますので目にする機会は、多くなります。印鑑の重要性から見れば、このような店(ネットショップ)では、買わない方がよいでしょう。はっきりと言えば、安価な既製の認めと同じレベルなのですからね。

よい印鑑を選ぶためには、《E》《F》の店(職人)を選ぶ事が、第一歩です。

 

Dの店が、劣るのは、なぜか?
違いは、荒彫りです。近年の職人はこの基本行程をおろそかにします。
しかし、手先の感覚や文字の感覚を養うためには、絶対に必要な行程です。
また、細い文字や枠(外郭)など刀での荒彫りをすることにより、土手部が出来、丈夫な印鑑になります。

仕上げを行う際も荒彫りのレベルで筆意や切れが、変わります。

しかしE、Fの店(職人)も良い印鑑とは、かぎりません。

では、印相、吉祥印の要素が必要だと思う人も多いと思います。
実は、違うのですよ。

これら一般に印相体と呼ばれてますが、てん書の変形なのですよ。

しかも大半は、吉祥の言葉や画数等で、彫刻技術や文字知識の無さ間をごまかしているものが、90%以上をしめています。

現実、私の店には、役所等から印鑑の問い合わせが多く、ありますが。ほとんどが、印相印といわれるタイプの印鑑で、間違い字も物がとても多くあります。

では、何が大切なのか?

文字(てん書体)が書ける事が、必要条件ですね。

考えればわかると思いますが、『書けるから彫れる』のですよ。

よい印鑑を選ぶには、まず、E、Fタイプの店に電話して色々と疑問点等質問して説明してもらうとその店の知識レベルが少し判りますし、(良い店の場合、印相印や画数の話をしてもそれ以外の色々な印章の話や彫り方の話など画数より大切な要素があることを話してくれますよ(現実、希少になっていますが))希望等をよく話、印稿(原稿)を書いてもらうのが良いですね。しかも違うタイプの印稿を何種類かお願いする事ですね。(印相体ではなく、小篆(しょうてん)や印篆(いんてん)の印稿をお願いすると良いですよ)フォントだといかにも機械の文字らしく味わいの無いものとなりますし、バリエ-ションが、少ないですからね。

良い職人は、こだわる人は、好きです。なぜなら、良い職人は、印鑑にもこだわりをもって作品として作製しますからね。だからこそ、こだわって印鑑を探している人の希望には答えてくれますよ。

 

最後に印鑑の一番大切な要素をお話します。

印鑑は、印本体ではなく、印影が本人の信用や所有標章を表します。だからこそ、唯一無二のものでなければ意味をなしません。

私が文字にこだわるのもオリジナルであり持つ人の顔となる印鑑だからです。

文字も知らず、画数や接点だけに目を向け、誤字にも気づかない印鑑店が多くあります。また、機械に頼り、オリジナル製の大切さを無視し、商売だけ考えている店も多いです。そのことを知った上で印鑑を選んでくださいね。

また、多くの人が誤解認識している事ですが、太い文字の印鑑やいっぱい文字がつまってる印鑑は、美学的、美しくありませんし、歴史的(4000年の印の歴史)存在しません。

朱文(現在使ってる印鑑)は細く、白文は太くが基本です。その様な基本的知識のない人が、広めたなのですよ。

 

印

 

この印は朱白印で右側が朱文(山)になっています。この印は、虚実を錯覚させるように彫った作品ですが、基本的に白文は太く、朱文は細く彫るものなのですよ。

 

一番良いのは、やはりお店に足を運び、話をし、

その場で、ラフな印稿でも書いてもらえば、すぐにレベルはわかりますね。

手彫り彫刻
印鑑 と ロボット彫刻印鑑との違い

印を捺印しても写りにくい、きれいに押せなことが多いと思います。
それは、押し方の問題よりも印そのものの印面が、平らに調整されていない事が原因です。平らにするのは、簡単な様に思いますが、実は、大変年季のいる技術なのですよ。
だから、技術の無い店の印鑑は、きれいに捺印できないのです。
機械彫刻のみの店は、技術がないため印面調整が、出来ないか未熟なレベルなのできれいに捺印出来ないのです。
手彫りの店は、素材によって印面を調整したり補正したりするのできれいに捺印できるのです。
次に大切な文字ですが、機械彫り(印鑑の選び方のABのタイプの店)の場合、フォントを使いますので、均一な無個性で機械的な曲線、直線の文字となります。

 

機械(ロボット)彫刻

 

手彫り彫刻

機械(ロボット)彫刻

 

手彫り彫刻

 

上の(智子)の印鑑ですが、左側が機械彫刻の印鑑で右側が、手彫り印鑑です。
画面では、刀のキレなど少し判りにくいとは思いますが、文字が生き生きしてるかどうかは、すぐに判ると思います。
一見、線の太い、機械彫りの方がボリュ-ムがあって力強い様に見えますが、
よく見れば、朱の強さで誤魔化し、文字自体は、弱々しく、無機質な事が判りますね。朱白のバランスも悪く窮屈に見えると思います。
この印影は、朱の色合いが違うように見えますが、実は、まったく同条件で捺印したのですよ。兵庫県の冊子(匠の技見聞録)の取材時にその場で、同じ紙に同じ印泥で捺印したのですよ。
しかし、発色も違いますし、機械彫りの方は、ぼやけて見えるでしょ。皆様が、捺印するともっと違いが出てくるのですよ。
それは、彫りの違いで線の際が、きてるのとんでいるのとの違いからくるのです。
また、何よりも問題なのは、フォントですから同型印がいくらでも出来るのです。
実際に同じ機種をつかってるチェ-ン店で、同じ名前の印を注文した結果、
やはり、同型印でした。
これでは、既製品を買って使ってるのと同じです。
Cのタイプのように多少文字を調整したり、仕上げの刀を入れてもベ-スにフォントを使う時点で、文字バランスなどが悪い印鑑にしかならないでしょう。なぜなら、文字が書けて、精通している職人は、フォントを使うより書く方が早く、きれいに出来るからです。
それが出来ない人が、フォントを使うのですから良い物が出来る筈がありません
想像力のある人なら判ると思いますが、印相印の多くは、文字が旨く書けない、荒彫りが出来ない人が、それをごまかすための書体なのです。
だから、太く、ごちゃごちゃと込んでいたり辺縁に伸ばして引っ付けているのですよ。広告等の印影で試すと判りますが、辺縁に伸びている部分を消すとバランスの悪い文字が残りますよ。それと文字でない空間が、細いのは、昔の彫刻機械(ペンシル型)の針の太さを変えずに彫るための手抜きから始まったのですよ。
細く空間をとった文字ですと、素人のかたでもバランスの良否や切れ味などが判ってしまうからです。
仕上げの刀の切れ味を誤魔化すには、文字を太くして朱の強さで誤魔化すしかないのですよ。
したがって手彫り印鑑と言ってる店でも太い文字印相、吉相印をメイン看板にしている店は、98%文字知識も彫刻技術もおとる店です。
しかも本当に手彫りしてるのかも怪しい店も多くあります。
次に彫りの違いを説明します。
機械彫刻ですと彫りは、垂直に針が降りて彫刻するので文字には土手が出来ません、太い文字には、問題ありませんが、細い所や枠などは、土手がないので弱く、かけやすくなります。
手彫り印鑑ですと印刀で彫りますので、文字の太さに合わせて土手部を加減出来ますので強いものが出来ます。
また、荒彫りでぎりぎりまで彫る技術がある職人ですと、仕上げの切れも筆意も字法に則った素晴しいものになりますし、手書きで文字を入れますので章法に則り、バランスのよい、文字配分となるのです。
このことをった上で印鑑を選ばれると良いと思います。

 

当店の印鑑の見本はこちらから

見本一覧 【見本一覧は左記よりどうぞご覧下さい】

印材の種類や、書体の一覧などを掲載しています。

是非どうぞご確認下さい。